頂いたご相談のまとめ

管理人さま



いつも迷ったときはここを覗きにきています。

管理人さまが発する言葉、すべて。
たくさんの人のこころを、救っていると思います。
わたくしもそのうちのひとりです。

そんな管理人さま、あなたを救っているものは、なんですか?
誰かのこころに寄り添うことですか? 天涯孤独、そう書いて居られましたよね。でもあなたからは孤独感はまったく感じられません。

孤独とは、自分で自分をそう思う、そういうことだと、わたくしは思います。
あなたの生き方が、たくさんの人のこころを救っていると思いますので、管理人さまのこころを救っているものを教えてください。

[管理人からの回答]


確かに私はすでに身内と呼べる人々と死別し、今は天涯孤独の身となっています。

しかし、今は孤独感は感じておりません。


”人”が”生きる事”と書いて、人生と読みますが、その過程は荒波にも似ており、苦境や困難がふりそそぐでしょう。
私も過去様々な事がありました。
大切な人々との別れは、そうした出来事の人です。


そうした事を経験して気づいたことは、人はいかなる苦境においても、他者からヒントはもらえるけれど、救えるのは自分自身しかいないという事です。



私はこのサイトで、多くの方々の悩みや相談に回答しておりますが、救っているとは思っておりません。
私ができるのは、皆さんがご自身の力で再び生気をよみがえらせるヒントに気づいていただく事です。


人間、脳は素晴らしい力を宿しています。
そしてどんな人であっても、問題や悩みを解決する方法を、潜在意識ではすでに知っていると思っています。
しかし、現代社会の常識や固定概念がそれを邪魔し、見えなくしているだけなのです。


私はそんなものの見方や捉え方を少しだけ変化させ、みなさんの思考に働きかけ、ご自身の捉え方を変えてもらうお手伝いをしているだけとも言えます。




人はいつか必ず死が訪れます。
私は毎日やりたいこと、したいことを可能な限り全力で取り組もうとしています。
それはひとえに、後悔しない生き方にしたいだけなのです。

おそらくもっとも悲しい出来事は、愛する人との死別でもなく、事業に失敗したという事でもないと思います。
愛する人に心を開き、素直に愛していると伝えたかどうか、君と出会えてよかったと伝えられたか否か、事業に失敗したとしても、そこに向かってチャレンジしたか、全身全霊で取り組んだか否か、実際に言葉に出し、行動したかどうかが大切なのだと思うのです。


私のよりどころは、こうしたサイトでみなさんの相談にこたえる事であり、現実世界で人から頼まれごとをしたり、また出会いを大切にしたり様々です。



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳