夢についてのお話 5/5


女性の見る夢・男性の見る夢



夢のシーンに性別は関係するのでしょうか?という質問を受けたことがありました。

一般的に「男性の見る夢」と「女性の見る夢」の最大の違いは「自己の抑制の度合による」と言われています。
例えば、男性は女性に比べてSEXに対する考え方がオープンなため「扇情的な抑制が少ないと言い換えられます」そのため、男性はSEXの夢、特に具体的なSEXシーンの夢を見ることがありますが、女性はその逆でSEXや性行為に対する考え方に抑制があるため、具体的な性交シーンなどの夢を見ることはめったにありません。
それだけにSEXについてリアルな夢を見る女性は、男性的な性格の持ち主と言えるのかもしれません。
男性と性についての会話にも、顔色ひとつ変えずに付き合えるタイプです。

他にも、性別による夢の違いとしては、男性の方が女性と比べてやや現実的な夢を見る傾向があるようです。
男性の夢の中では空を飛んだりすることは少ないですし、ある程度は荒唐無稽な夢だとしても、よく観察・振り返ってみると現実の枠を超えない場合が多いようです。

そのため、外見は男性でも、内面が女性的、外面は女性でもない面は男性、そんな場合も夢である程度判断できます、性同一性障害まではいきませんが、かなり女性寄りの男性の場合、非常に空想的で情緒的な夢、そして抑圧された感情においては、ストレートではなく遠回りに、何か別の物を代替してみるシーンが多くなります。対して女性の場合には、普段はまったく感じていないのに、夢の中ではかなり直線的で感情にストレートな夢を見る場合、内面が男性寄りなのかもしれません。

繰り返し見る夢の意味

同じ夢を繰り返し見るという事は、多くの方が1、2回は経験があるのではないでしょうか。

「一昨日、昨日も今日も夢の内容がほとんど同じ」ということになると、その夢がなぜかものすごく神秘的な存在の思えてくるものです。
悪い内容の夢をくり返し見て、正夢になったらどうしようと、怯えている人もいるかもしれません。

もちろん、同じ夢をくり返し見ることには意味があります。ただしそれは心理学的に説明出来る事ですので、不安を感じる必要はありません。

同じ夢を繰り返し見るという事は、その夢の本当の意味にまだ気づいていないことを表していると言われています。
無意識下で自分自身で気になっている事があり、何度も見てしまうということなのだと思います、この場合、見事にドラマのような連続話となり、情景や登場人物も同じであることが多いですね。

例えば、何か気になることがあり、判断ミスをしそうになっていることを警告する夢を見たとします。
しかし私たちがその警告に気づかずさらに判断ミスを重ねそうになっている場合、同じ内容の夢を見ることになるのです。

だから同じ夢を何度か続けて見た場合は要注意です。
あなたが夢の内容を正しく解釈したつもりでいても、自分自身にひっかかる事が無意識下で残っている場合、繰り返し夢として登場する可能性があるわけです。

同じ夢をくり返し見るときは、夢の内容を細部までじっくりと思い出し、夢の中に登場したキーワード、登場人物、背景などを出来るだけ多くピックアップし、意味を考えてみましょう。そうすることで夢の本当の意味に気づくことができるはずです。

また、連続ドラマのように話の内容が続いている夢を何日かにわたって見る場合、これは「状況は毎日変化していながらもひとつの問題がまだ解決していないこと」を表していると言われています。例えば、この前知り合った彼と付き合っているのか、付き合っていないのか分からない微妙な関係が続いているような時に見るのが、こうした夢です。

夢は太古では医療行為にもなっていました。
現在でも続く隠れた自分自身の内面を見つめる大切な生理現象です。
怖がらず、楽しんで夢と向き合ってみてください。





Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.