夢日記の詳細

コラム - 仕事とは何かについて考えてみる



近年、若者の間で好きなことをして暮らしてゆきたいという風潮が強い。

このような書き出しをすると、それに反対し精神論を振りかざす老人風の頭の固い著者をイメージするだろうが、言いたいことはそこではないのだ。


好きなことをするのは大いにけっこうだし、つまるところ人は好きなことをしている。

しかし、仕事の本質を理解していないと後日とんでもないしっぺ返しを食らうことになるのだ。



子供たちの間でなりたい職業がユーチューバーだという人がいる。
自分の好きなことを動画で公開し、収入を得る。

芸能界を目指す人もいる。

野球選手やサッカー選手も健在だ。



そして、これらの職業にはすべて共通点がある。
それは他者とのコミュニケーションが必要だという事だ。


ユーチューバーは画面と向き合うため、他者との関係性がないように思えるが、それを閲覧してくれる人がその場にいないだけで、画面の向こうにはいるし、彼らがいなければ一文にもならない。


生きる、生き続けるためには収入を得なければならないが、仕事とはコミュニケーションと収入の集合体だともいえる。
そのため、生きるために仕事をし、その余剰が大きければ満足度が高まってやりたいことをしていると思い込むのだろう。



やりたいことが見つからないという人がいるが、それはどの分野で人とコミュニケーションするかを考えれば話が早いはずだ。
リアルに人と対峙するのが苦手なら、ITか金融がよいだろうし、実際にリアル対話が好きなら営業職や接客が向いている。


そしてその向かった業界が成長していればまったく幸運な事だろう。




成功者の多くは、運がよかったというが、運は思考と時代の流れが合致して巻き起こる風のようなものだ。
どれほど自分が努力しても、余剰のない業界では思考は生きない。

人との出会いも重要だが、そもそも伸びしろのない業界では、烏合の衆となってしまう。



冷静に自分の実力と適性を見つめ、伸びしろのある業界で努力をするというシンプルな事を繰り返してゆくうちに成功が手に入り、幸福感を感じる。


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳