夢日記を書く難しさ


コラム - 夢日記を書く難しさ



他の人がどうやって夢日記を付けているかは不明だけれど、朝起きるとほとんど覚えていない夢の内容を思い出すには、その場でキーワードをメモるしかないと思っています。

レム睡眠中に夢を見て、途中覚醒しメモをとる。
もうこの状態が半分寝ている状態なので、メモ自体がはちゃめちゃなわけです。

誤字脱字も酷い上、記憶のトリガーにもなりえないような単語が並ぶので読み返した時にストーリーを思い出せない場合が多い。


私も夢日記をたまに更新しますが、実際にはその数倍の夢を見ているんですよね。


深夜に目が覚め、あまりにも鮮明な夢なのでメモしなくても絶対に忘れるわけないと思うような濃くて深い内容であったとしても、朝起きると完全にぶっ飛んでいます。

そこでメモが登場するわけですが、このメモする作業が辛い。
何せ暗い寝室なのでペンで書くわけにはいかない。
電気も付けたく無い。

となると、スマホを取り出し自分宛てにメールを送るわけです、いくつかのキーワードを書いて。

ある日の夢単語はこんな感じ


>宇宙船
>栄養管理
>エッ具ベネデぃくと
>黒人へのしゃざい
>ヒマラヤからの精悍
>雪を食べる
>栄養不足

誤字も酷いけれど、途中で夢の内容が切り替わっているのが分かると思います。
これをヒントに思いだすわけ。

なかなか思いだせないけれど、ある瞬間映像がびよーんて出てきて、鮮明に全てが思い出せる瞬間があるので、それは夢日記へ一気に書いてゆきます。


でも1日以上経過すると、もう思い出す事は不可能な場合が多いので下書きは全て破棄してしまいます。

他の人はどうしているんだろう。
よく思いだせるなぁ。


ちなみに途中覚醒してスマホへメモすると当然ながら目が少し覚めてしまうから、その日は浅い眠りになり寝不足状態になる場合が多い。
自分のQOLと引き換えに夢日記を付ける。

夢日記を書き続けると死んでしまうと言われている都市伝説は、こうした理由からかもしれないですね。






Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.