うつ病対策


明るく人の輪の中心にいることが多い、リーダー気質が強すぎる人

タイプ: 双極性障害
症状: 明るく人の輪の中心にいることが多い、リーダー気質が強すぎる人
特徴: ハイテンションを通り越して高揚しすぎてしまう。
解説: 双極性障害は比較的若い人に多いうつ病です。専門的には「循環気質」と呼ばれる、さまざまなアイデアが思い浮かぶエネルギッシュな性格の人がなりやすいと言われています。饒舌で冗談もうまいので、学校や会社、仲間内では輪の中心になり、リーダーとして周りを引っ張っていく立場にいる人が多いです。そのため周囲はうつ病と聞くと意外に思うこともあるようです。

・双極性障害の分類

双極性障害ではうつ状態と躁状態を繰り返します。躁状態の症状が重いⅠ型と、比較的症状の軽いⅡ型に分類されます。

・双極性障害になるきっかけ

躁状態から始まる場合と、うつ状態から始まる場合とがありますが、躁状態から始まる場合は周りの人の死、出産、極度の疲れや睡眠不足など、何かきっかけがあるとされています。
改善ポイント: 双極性障害になりやすい人は、明るく人当たりがいいタイプが多いです。また、社交的で対人関係を苦にせず、面倒見も良い、会社や仲間内ではムードメーカー的存在で、頼られるリーダータイプであるとも言えます。


ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.