うつ病対策


病気による身体的、心理的ストレスがきっかけに

タイプ: 病気や薬が招くうつ病
症状: 病気による身体的、心理的ストレスがきっかけに
特徴: 難治性の病気、病気が慢性化している患者さんはその分ストレスも多く、うつ病になる危険性が高い。
解説: 病気や薬が招くうつ病

・身体的、心理的ストレス
病気の告知を受ける、後遺症で体が思うように動かなくなったなどのストレスがうつ病を引き起こす。また、行動に制限ができてしまったり、糖尿病などで厳しい食事制限を行う必要がある場合なども大きなストレスを招きます。

・ほかの薬の服用
ほかの病気を治療するための薬が、うつ病の原因となる場合もあります。とくに精神病の薬、副腎皮質ホルモン剤や降圧剤の一部、パーキンソン病の治療薬などが挙げられます。

・脳内の変化
病気により脳内で何らかの変化があり、神経伝達物質の動きに影響を及ぼす場合もあります。
改善ポイント: 病気の前ぶれとしてうつ病になることも

うつ病になって数週間から半年くらいたってから、がんが見つかることもある。こうしたケースを、病気の前ぶれとしてのうつ病という意味で「警告うつ病」という。


ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.