うつ病対策


精神症状よりも身体症状がわかりやすい

タイプ: 子どものうつ病
症状: 精神症状よりも身体症状がわかりやすい
特徴: 身体症状がわかりやすいため、大人のうつ病より気がつきやすい。また、うつ病のきっかけがはっきりしているのも特徴。
解説: 以前は、子どもにはうつ病はないと考えられていました。しかし現在、子どもにもうつ病があることがわかっています。
大人のうつ病と、いくつかの点で異なります。まず、きっかけがはっきりしています。受験や転校、いじめ、両親の離婚などをきっかけに、うつ病が始めることが多いのです。
また、気分の落ち込みよりも、不眠や食欲の低下、体重の減少など、身体症状がわかりやすいという特徴もあります。
発達障害が背景にあり、うつ病が起きることもあります。

抗うつ薬による治療も大人と同じようにおこなう

子どものうつ病も、治療の基本は休養と薬物療法です。
子どものうつ病の特徴

「どういった症状がみられますか?」
気分の落ち込みよりも、身体症状の方がわかりやすいです。食欲がない、体重が減った、夜眠れないようだ、などといった症状があらわれます。

「うつ病が始まった原因はわかりますか?」

大人のうつ病の場合、そのきっかけや原因がわかりにくいのが特徴ですが、子どものうつ病の場合ははっきりしていることがほとんどで、次のような出来事が感がえられます。

・学校での友人関係
・いじめ
・転校
・勉強(受験)や習い事
・家族の不仲、両親の離婚

また、発達障害がうつ病を引き起こしている場合もあります。

「治療はどのように進められますか?」

子どものうつ病でも、休養と投薬両方が治療の中心となります。薬は少量から始め、最終的には成人と同量を服用することもありますが、子どもは代謝が良いので心配ありません。指示された服用量を守り、何か疑問点があれば医師に相談を。
改善ポイント: 勉強や学校生活がうつ病の原因となっている場合は、学校や部活動、塾などを休むことになります。そうすると子どもは周りの友人たちに遅れを取ったような気持ちになり、自信をなくしてしまいがちです。家庭内で温かくサポートしてあげてください。特に休養の前後は子どもの負担を減らすために、学校とよく連絡を取り合うようにしましょう。


ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.