うつ病対策


認知症と勘違いしたり、年齢のせいだと決めつけがちなので注意

タイプ: 高齢者のうつ病
症状: 認知症と勘違いしたり、年齢のせいだと決めつけがちなので注意
特徴: さまざまな喪失体験や社会的な負担がうつ病につながる
解説: 高齢になると家族や周囲の人たちとの死別、体力や身体機能の低下、退職によって社会との関わりを失うなど、さまざまな喪失体験があり、それらがきっかけとなってうつ病につながります。高齢者のうつ病は、うつ病と認知症の初期症状が似ているため認知症だと勘違いされたり、年のせいだからと決めつけられがちです。特に一人暮らしの高齢者の場合、周囲が変化に気がつかず、重症化するケースも多くみられます。早めの治療が大切です。

治療は薬物療法が中心となります。高齢者は副作用が出やすいため、少量の服用からスタートしますが、持病を持っている人も多いため、薬の飲み合わせに注意が必要です。
改善ポイント: 以前と様子が違うと思ったら、早めの受診を

「年齢のせい」と片付けず、気になる変化があれば医師にそ断してください。うつ病には早めの治療が大切です。患者さんが孤立しないよう、近親者が協力し合いサポートしましょう。


ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.