うつ病対策


環境の変化や女性ホルモンの動きの影響を受け、発症する

タイプ: 女性のうつ病
症状: 環境の変化や女性ホルモンの動きの影響を受け、発症する
特徴: 特に出産前後や更年期はうつ病になりやすいため、以前と変化を感じたら医療機関で診断を。
解説: 女性特有のうつ病には女性ホルモンの一種、エストロゲンが関係しています。そのため産後と更年期をきっかけにうつ病を発症するケースが多いです。

・産後のうつ病
出産前後に起こるうつ病。一般的には産後1ヵ月くらいでおさまる「マタニティブルー」から移行し、うつ症状が続くケースもあります。

・更年期のうつ病
不眠、イライラして怒りっぽくなる、憂うつな気分になるなどの症状があらわれますが、更年期障害と勘違いされるケースも少なくありません。
改善ポイント: 休養に専念できるようなサポートを

女性は家事や育児に追われ、しっかり休養に専念できずうつ病を悪化させるケースも多くみられます。出産を機に、社会とのつながりを失ったような気持ちになり、孤立感を覚える女性も多くいます。地域の子育て支援制度などを利用したり、パートナーや家族は積極的にサポートを行いましょう。


ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.