うつ病対策


必ずしも休養が必要なわけではない

タイプ: 非定型うつ病
症状: 必ずしも休養が必要なわけではない
特徴: 生活のリズムを整えることが大切。患者さん本人の努力と周囲のサポートが必要。
解説: うつ病には休養が不可欠ですが、非定型うつ病の場合はその限りではありません。ある程度症状が回復したら、自分でできることは自分でさせてください。そうすることで社会との付き合いで感覚を取り戻したり、過眠しがちな生活リズムも戻しやすくなります。患者さんの機嫌に左右されないことも大切です。

また、薬物治療と並行して認知療法も行い、うつ病になりやすい考え方を修正していきます。薬が効きにくいタイプのうつ病なので、長期に渡った治療となるケースがほとんどです。
改善ポイント: うつ病と光の関係

うつ病の症状が重くなると光がまぶしく感じます。そのため、暗い場所を好むようになる人も多いようです。瞳孔の調整に関係するホルモンが、ストレスに抵抗するために使われるためだと言われています。


ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.