うつ病対策


過眠、過食など、典型的なうつ病の症状と異なる特徴。対人関係に過敏である。

タイプ: 非定型うつ病
症状: 過眠、過食など、典型的なうつ病の症状と異なる特徴。対人関係に過敏である。
特徴: 自意識や自己愛が強く、さみしがり屋な人が多い。特に対人関係のダメージに弱い。
解説: 否定型うつ病になりやすい人は、常に人に認められたい、自分をよく見てもらいたいという気持ちが強いタイプです。周りから否定的なことを言われると人一倍傷つき、ショックを受けてしまいます。そのため対人関係に過敏で、上手くいかないこともよくあります。

不眠、食欲の低下、「自分がダメだからだ」と自罰的になる、などの典型的なうつ病の症状と全く異なり、過眠、過食、「周りがダメだからだ」と他罰的になる、といった傾向が見られます。患者さんは20代から30代が多く、特に女性の患者さんが多いです。

改善ポイント: 非定型うつ病になりやすいのは、人づきあいが苦手、さみしがり屋、自意識過剰、何か問題があると他人を責める、自己愛が強く甘えてしまう、などといったタイプの人です。


ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.