うつ病対策


日常置かれている環境や、思考の仕方を変える。

タイプ: 気分変調症
症状: 日常置かれている環境や、思考の仕方を変える。
特徴: 長期的に服用すれば、抗うつ薬での症状改善も望めます。薬物療法のほか、精神療法で思考の仕方を変えられるよう治療することも不可欠です。
解説: 抗うつ薬は長期的に投与することが有効です。すぐに改善がみられないからと言って服用をやめず、しばらく続けてみましょう。
また、日常生活の環境が一因となっている場合は環境の改善を。近所づきあいに負担を感じている場合は引っ越しをしたり、仕事が負担になっている場合は人事異動や転職などをしたりと、自身が置かれる環境を変えることで症状が改善される場合もあります。

ですが、いくら環境を変えても自信の考え方も変えなければ結局また同じことの繰り返しになってしまいます。うつになりやすい考え方そのものをやめることが大切です。
改善ポイント: 軽く気分がすぐれない、なんとなく憂うつだ、という状態が長く続き、さらにそこに大きな要因(ストレスや望まない環境の変化など)が加わると、「二重うつ病」になる場合があります。


ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.