うつ病対策


はっきりとしない不調が長く続く(2年以上)

タイプ: 気分変調症
症状: はっきりとしない不調が長く続く(2年以上)
特徴: 他のタイプと比べるとうつ症状は軽い。本人も周りも、病気ではなく性格の問題だと勘違いしているケースもある。
解説: 気分変調症はメランコリー型うつ病や双極性障害と比べてうつ状態が軽く、なんとなく体調が悪いといった状態が長期に渡って感じられるのが特徴です。

気分変調症の主な症状

・漠然とした不調を感じる
・もやもやとした気分を感じる
・やる気が起きない

気分変調症には躁状態はありません。たまに特に理由もなく症状が改善することもありますが、また元の症状に戻ってしまいます。他のうつ病と比べて症状が軽いため、元々の性格の問題だと勘違いしないようにしなくてはいけません。そのまましておくとメランコリー型などのうつ病に移行することもありますので、医療機関での診察が必要です。
改善ポイント: 薬物療法について

はじめは病院で処方された薬を飲むのが良いでしょう。患者さんが希望すれば比較的副作用の少ない漢方薬にすることもあります。


ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.