うつ病対策


躁状態になった時こそ、周りのサポートが大切

タイプ: 双極性障害
症状: 躁状態になった時こそ、周りのサポートが大切
特徴: うつ状態と躁状態のギャップが激しく、周囲の人はついていけないことも。それぞれふさわしい対応をしましょう。
解説: 躁状態になった患者さんは病気であるという自覚がありません。そのため周りの人のサポートが不可欠です。周りの人は患者さんに振り回されないように。そのためにもうつ状態と躁状態、それぞれを正しく理解することが大切です。特にうつ状態から行動力が回復してくる時期は、自殺の可能性が高まるため、注意しましょう。
改善ポイント: 双極性障害の患者さんにとって徹夜は厳禁です。薬によって症状がおさまっていても、一晩徹夜しただけで躁状態が再発するリスクがあります。復職後も会社と相談し、夜勤は避けるように。


ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.