うつ病対策


会社に産業医がいません。|うつ対策

会社に産業医がいません。

専門家がいない場合は、社外の支援施設を利用してみましょう。
現在、うつ病の多くは職場でのストレスが原因となっています。
そのため、大企業ではメンタルヘルスケアの体制を整えている企業も増えてきましたが、中小企業ではまだ産業医などの専門家を置いていない職場が多いのが現状です。本来、社員一人に対する負担が大きい中小企業こそ積極的なメンタルヘルスケアへの取り組みが必要なのですが、従業員が50人に満たない企業は産業医の設置を義務付けられていないため、なかなか体制が整っていません。

もし自分の会社にメンタルヘルスの専門家がいない場合は、会社外の支援施設を利用しましょう。特に地域産業保健センターと都道府県の産業保健推進センターは公的機関で、基本的に利用料金は無料です。経済面でも安心して利用することができます。



事業場外支援施設一覧


■ 労災病院
専門カウンセラーによる労働者の悩み相談、職場関係者の相談。
http://www.rofuku.go.jp/rosaibyoin/index.html

■ 中央労働災害防止協会
メンタルヘルスケアの専門家による事業場訪問、労働災害防止活動の支援、アドバイスや指導(無料)
http://www.jisha.or.jp/

■ 地域障害者職業センター
復職支援のサポート(うつ病など、心の病による休職者とその雇用事業主が対象)
http://www.jeed.or.jp/jeed/location/loc01.html

■ 地域産業保健センター(全国347カ所に設置)
小規模事業者や労働者を対象に、個別訪問、健康相談、産業保健指導、産業保健情報の提供
http://www.rofuku.go.jp/sanpo/


■ 社団法人 日本産業カウンセラー協会
電話相談(無料)、カウンセラーの派遣。
http://www.counselor.or.jp/


■ 財団法人 社会経済生産性本部 メンタル・ヘルス研究所
JMI健康調査の実施
(診断後はフォロー、電話相談、対面相談、診断結果をもとにしたアドバイス等も)
http://www.js-mental.org/


ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.