うつ病対策


職場でうつ病の症状に気がつくためにはどうしたら良いですか?|うつ対策

職場でうつ病の症状に気がつくためにはどうしたら良いですか?

勤務態度や仕事状況に、うつ病のサインが出ているかもしれません。
最近は、職場や仕事のストレスがうつ病のきっかけとなっている人が増えています。特に30代、40代の患者さんが多いです。

・声を掛けてみよう
以前と態度や仕事のペースなどに変化がみられるときは、周りから声を掛けてあげることが大切です。「元気がないように見えるけど、一度病院に行ってみたら?」と話してみてください。特に上司からの声かけは、家族の説得より有効な場合もあります。

・怠けていると誤解しないように
うつ病の症状をみて「最近だらけている」「やる気がないだけだろう」と周りが誤解してしまうケースも少なくありません。そういった誤解は患者さんに無理を強いることになり、うつ病の症状はどんどん悪化してしまいます。うつ病に関する正しい知識を身につけ、柔軟に対応できるよう心構えをしておくことが大切です。



調査によると実に6割の企業が、社内での心の病気が増加したと答えています。減少したと答えている企業はたったの0.3割です。
心の病気を抱えている年齢層は30代が6割と最も多く、40代2割、10~20代1割と続きます。

うつ病の患者さんは何らかのサインを発していますので、周りの人はそのサインを見逃さないようにしてください。

一日中憂うつそうにしている
ぼーっとしていることが多い
注意力散漫で小さなミスを繰り返す
記憶力、判断力が低下し、話をきちんと聞いているのかわからない
遅刻や無断欠勤が増えた

このような症状みられたら、医療機関での受診をすすめてみましょう。

ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.