うつ病対策


家族のうつ病看護に疲れました。|うつ対策

家族のうつ病看護に疲れました。

家族で協力しあうことが大切です。息抜きも覚えて。
うつ病患者さんを支えるのは、家族であっても容易なことではありません。看護する家族が大きなストレスを抱えることは、患者さんの治療にも良い影響を及ぼさないと考えられます。

・患者さんに振り回されない
うつ病の患者さんは気持ちが不安定になっています。それを受け入れてあげることは大切ですが、いちいち一喜一憂していては介護する側の気持ちも持ちません。話に耳を傾けつつも、振り回されないように気をつけてください。

・少し距離をもって接する
常に患者さんのそばについて、何から何まで面倒をみようとするとストレスの原因になります。上手に距離をもって接しましょう。


・うつ病患者の家族の支援サービスを利用する
うつ病患者の家族向けに用意された施設や、同じ悩みを抱えた家族が集まる場に参加してみましょう。相談に乗ってもらったり、悩みを共感しあったりと、良い息抜きになると思います。

・家族で協力しあう
たった一人で全てやろうとするのは無理があります。患者さんの介護や家事を上手に家族で分担するなど、家族みんなで協力し、患者さんを支えましょう。




うつ病患者さんの介護は、一人で抱え込まないことが大切です。負担を家族みんなで分担し、必要があれば、近い親戚の人にも協力してもらうと良いでしょう。

また、友人に愚痴をこぼしたり患者さんの家族が集まる会へ参加することも、良い息抜きになります。特に同じ悩みを抱える人たちとの出会いは、心の支えになってくれることでしょう。

どの施設を利用したら良いのかわからない、相談できる人は周りに誰もいない、という場合は主治医に相談してみてください。

うつ病の患者さんは、ある程度症状が回復してくると、気持ちが大変不安定になります。機嫌良くしていると思ったら、急に怒り出したり・・・ということもめずらしくありません。周りのご家族も不安になりイライラしてしまいがちですが、患者さんと衝突したりなどしないように、上手な接し方、息抜きの仕方を取り入れて介護にあたってください。
ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.