うつ病対策


うつ病だと思っていたのに急にテンションが高くなり、理解できません。|うつ対策

うつ病だと思っていたのに急にテンションが高くなり、理解できません。

うつ状態と躁状態を繰り返す、双極性障害でみられる症状です。
うつ病にはいくつかの種類があります。その中にはうつ状態と躁状態を繰り返す、「双極性障害」というものがあります。

普通、うつ病といえば気分が落ち込み憂うつな気持ちになるものだと思っている人が多いため、急に元気になった姿を見て、周りは理解しがたいかもしれません。双極性障害は他のうつ病とは治療法や周りの人の対応方法も違ってきますので、注意が必要です。早い段階で医療機関を受診することが大切ですが、躁状態のときは、患者さんの感情の起伏が激しくなりますので、周りの人が受診をすすめても、本人が納得しないケースが多くみられます。



双極性障害の患者さんが躁状態になると、次のような症状がみられます。

・場所や状況を考えず、異常にテンションが高い
こういった場合、その場にふさわしくないからといさめると、一転して感情的に怒り出す場合もあります。相手の行動を否定するのではなく、状況を具体的に説明してみましょう。

・神経が過敏になっていて、些細なことでカッとなる
つられて一緒にカッとなってはいけません。躁状態のときは感情的になりやすいので、仕方がないのです。冷静に対応しましょう。

・突飛な行動や発言をする
突然、借金をしてまで大きな買い物をしたり、思い切った投資をしたりと、今まででは考えられなかったような行動を起こすのも、双極性障害の症状のひとつです。頭ごなしに怒るのではなく、冷静に説得にあたってください。相手が聞く耳を持たないようでも、根気よく良心にうったえながら説得することが大切です。
また、現実には考えにくい、妄想のような発言を本人は本気で思っているようなそぶりで話す場合もあるでしょう。「そんなことありえない」と否定するのも「すごいね、君ならできるよ」と同調するのも良くありません。中立的に接して、徐々に他の興味があることに話題をそらすようにするのが良いでしょう。

うつ病患者さんのお見舞いに行く場合は、患者さんの不安を煽るような発言は避けてください。休職中の職場のことや将来のこと、家族のことなどはタブーとなる場合が多いです。
ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.