うつ病対策


家族は何がしてあげられますか?|うつ対策

家族は何がしてあげられますか?

うつ病を正しく理解し、患者さんをサポートしてください。
うつ病の患者さんを一番そばで支えてあげられるのは、家族です。まずは家族がうつ病に対して正しく理解し、患者さんをサポートできるよう心構えをしましょう。

特に患者さんの話を聞くことは、とても大切です。話の腰を折って余計な口をはさんだり、無理にアドバイスしようとせず、聞き役に徹して、患者さんの話をしっかり受けとめてください。そうすることで、患者さんは心の負担を軽くすることができます。ただし、患者さんが起き上がる気力もなく、誰とも話したくないというときはそっとしておくように。

ほかにも患者さんが動けないときは身のまわりのことをフォローする、主治医と上手くコミュニケーションが取れないときはその手伝いをするなど、家族がサポートできることは色々あります。ゆっくりと見守ってください。



家族やパートナーが患者さんのためにできること

「なんでも手伝ってあげて大丈夫?」
うつ病になると日常生活にまで支障を及ぼしてきます。家族は患者さんがゆっくり休むために必要なサポートをしてあげてください。ただし、手の出しすぎはかえってよくありません。患者さんが自分でやりたがっていることは、負担のない程度に任せてみましょう。

「心配だから病院についていきたい」
うつ病の症状が重く、患者さんが主治医に自分の症状や状況を上手く説明できない場合は付き添って、フォローしてあげましょう。ですが、家族はあくまでも橋渡し役。治療を受けるのは患者さん本人だということを忘れないように。

「話を聞くときに気をつけることは?」

患者さんと向き合って、しっかり話を聞こうという姿勢が大切です。例え患者さんが感情的になっていたり、間違ったことを言ったとしても否定したりせず、耳を傾けましょう。患者さんが話しやすい環境を作ることも大切です。話したくなさそうなときは無理に聞き出そうとせず、そっとしてきましょう。
ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.