うつ病対策


復職したいと思ったら、どうすればいいですか?|うつ対策

復職したいと思ったら、どうすればいいですか?

まず医師に相談を。ゆっくり体を慣らしていきます。
ある程度症状が回復すると、早く職場に復帰しなければと考える患者さんも少なくありません。ですが、症状が改善しても、まだ不安定で波がある場合は復職をおすすめしません。心身ともに回復、安定した状態で勤務できるかどうか、主治医と相談しながら慎重に復職の時期を決めることがうつ病の再発防止にも繋がります。

職場への復職が決まっても、最初から以前と同じように仕事をすることは大変難しいです。まずはリハビリ勤務からはじめ、徐々に仕事量を増やすようにします。リハビリ勤務や人事異動などの職場整備は会社の協力なしには行えませんので、会社や上司の理解が必要となります。



復職までの流れは、次のように段階を踏みながら進めていきます。

復職の医師が固まったらまずは医師に相談します。最近の心身の状況や生活スタイルについても伝え、復職の時期について医師の意見を聞いてください。

医師からアドバイスされた復職時期を元に、上司とも具体的に話し合います。タイミングについてはもちろんですが、雇用形態についても具体的に話し合ってください。

復職に向けまずは起床時間や食事時間など、日常生活のリズムを整えます。

復職支援サービスを利用する、まずは半日出勤から始めるなど、上司と相談しながら少しずつ体を慣らしていきます。
ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.