うつ病対策


面接は気が進みません。受けなくてはいけませんか?|うつ対策

面接は気が進みません。受けなくてはいけませんか?

治療の道筋をともに立てるためにも、必ず受けてください。
面接とは簡単に言うと、医師との話し合いの場です。正直にあなたの考えを述べても、医師からそれを否定されるようなことはありませんので、安心して臨んでください。

面接では患者さんに症状や自分の考え、気持ちなどを話してもらいます。医師はそれを聞いて問題点を整理し、治療に向けての道筋を患者さんに説明します。医師は定期的に面接を行うことによって、患者さんの症状の変化や薬物療法の効果をより詳しく知ることができます。ですので、うつ病の治療に面接は欠かせないのです。

うつ病の治療には、薬物療法や精神療法のほかに、断眠療法や通電療法などもあり、うつ病の種類や患者さんの症状に合わせて治療が進められます。



面接では治療に対する説明をするほか、患者さんの話に耳を傾けながらさまざまなサポートをします。患者さんが自分の気持ちを吐き出すことで精神の安定にも繋がりますし、大きな買い物、辞職や離婚、そして自殺などの誤った判断に気がつき、それをとめるきっかけにもなります。

あくまでも主体は患者さんです。うつ病のきっかけや原因も、面接していく中で患者さん自らが気がつき、回復に向けて意欲を持てるように、医師は力を添えるだけです。患者さんの不安を取り除き、安心して治療に専念してもらうためにも、面接は欠かせない治療法なのです。
ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.