うつ病対策


うつ病で、体にあらわれる症状もありますか?|うつ対策

うつ病で、体にあらわれる症状もありますか?

はい。さまざまな身体症状が起こる場合もあります。
うつ病では、精神的な症状が出る前に、身体症状のみが感じられる場合もあります。そのため、内科などを受診し、検査しても「特に異常なし」との診断を下される場合も多くありません。そういった場合はうつ病の可能性も疑い、専門の医師の診断を仰ぐと良いでしょう。

うつ病の身体症状は「お腹の右のあたりがずきずき痛い」というように具体的に説明できるものではなく、漠然であいまいとした不快感を感じる場合がほとんどです。「なんとなく頭が重くてだるい」「疲れが取れない感じがする」「お腹に違和感があるような気がする」など、症状はさまざまです。



身体症状から内科などを受診し、特に以上が見つからなかった場合、それはうつ病の症状かもしれません。
次のような症状が漠然と感じられる場合は、心療内科や精神科の受診を検討してみましょう。

・吐き気、嘔吐、めまい、倦怠感、疲労感
・漠然とした頭痛や腹痛
・肩こり、首こり
・耳鳴り
・動悸、息切れ、
・口が渇く
・全身に汗をかく
・味覚の異常
・性欲の低下
・体の冷え
・ひどい便秘や下痢
・頻尿、排尿困難
ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.