うつ病対策


自分でうつ病かどうか知る方法はありますか?|うつ対策

自分でうつ病かどうか知る方法はありますか?

自己診断テストが目安となります。
現在うつ病かどうかを判断するために広く使われているのが、アメリカ精神医学会の診断マニュアルをもとに作成されたテストです。
このテストで該当項目が多いほど、うつ病の可能性が高いと言えます。ですが、これはあくまでも目安です。最近ではさまざまなタイプのうつ病もあらわれていますので、最終的な判断は専門医に任せましょう。



うつ病の自己診断テスト

【質問1】 最近2週間で、あなたに当てはまるものはありますか?

・ほぼ毎日、一日中深いうつ気分を感じる。
・ほぼ毎日、楽しい、嬉しいと思うこと、夢中になれることはない。

結果
・どちらの質問にも当てはまらない→うつ病ではありません
・両方、またはどちらかの質問に該当する→質問2へ

【質問2】
最近2週間のほぼ毎日、あなたに当てはまるものはありますか?

・ひどい不眠。または眠りすぎる。
・強い疲労感や倦怠感がある。
・ひどく食欲がない。または食欲がありすぎる。
・「自分は何をやってもダメな人間だ」と自分を強く責めることがある。
・集中力、決断力が低下した状態が続く。
・常にイライラする。または動きが緩慢になっている。
・「死にたい」と考えが浮かぶ。

結果
・該当項目が3つ以下の場合(質問1で2つとも該当した場合は2つ以下)→うつ病ではありません
・該当項目が4つ以上の場合(質問1で2つとも該当した場合は3つでも)→質問3へ

【質問3】
上記の症状が仕事や学業、家事などの日常生活にかなり影響を及ぼしていますか?

結果
・及ぼしていない→うつ病ではありません
・及ぼしている→うつ病の可能性が高いです。専門の医療機関での診察をおすすめします。
ストレスケア病棟とは薬剤起因性うつ病とは抗うつ薬・主に薬物療法自己暗示の方法
抗うつ薬について精神安定薬について抗不安薬について抗精神病薬について
精神薬について薬を使わない治療法思考パターンを変えるうつ病の再発防止
自己愛性人格障害とは?活動的に過ごしてうつを改善睡眠でうつ対策相談施設一覧


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.