うつ病の投薬治療の疑問点や注意点をまとめました


■ うつ病の投薬治療の疑問点や注意点をまとめました

「薬を飲めばすぐに治るの?」
薬を飲めばすぐに治るのではないかと思っている方もいますが、そんなことはありません。2~3週間ほど続けて服用して、やっと効果が感じられる場合がほとんどです。また、効果が感じられたからと言って、すぐに服用をやめられるというわけでもありません。医師が様子を見ながら、徐々に薬を減らしていくことになります。長い付き合いになるということを念頭に置いておきましょう。

「勝手に服用をやめてもいい?」
症状が良くなってくると、もう薬は必要ないのではと思うかもしれません。また、薬の副作用が辛いのに症状は一向に改善されない場合も、飲むのをやめたくなるかもしれません。ですが、薬の服用量やペースは必ず医師の指示に従いましょう。あせりは禁物です。疑問に思う点があれば、医師に相談すると良いでしょう。

「薬が変わると不安です」
抗うつ薬は副作用もあるため、患者さんに最初から大量に服用させるということはほとんどありません。少しずつ様子を見ながら薬の量を増やしていくのが一般的です。医師が経過を見て、薬の種類を変えることもあると思いますが、悲観的になる必要はありません。

不安に思うことは医師に相談する、医師の指示を聞かずに勝手な判断をしないことが大切です。
§ うつ病に関連するコラム・資料・レポート §


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.