うつ病の患者さんの食事対策


■ うつ病の患者さんの食事対策

うつ病になると交感神経の動きが活発になり、胃腸のはたらきが悪くなります。そのため食欲が落ち、食生活が乱れがちになります。よっぽど体調が悪いとき以外は、きちんと食事をとるようにしましょう。

朝食は必ず食べ、昼食、夕食は軽めに済ませます。食欲がわかないときは、自分の好きなものから、ゆっくり、よく噛んで食べてみましょう。盛り付けやテーブルウエアを工夫して、誰かと一緒に楽しく食事をとれるような工夫を。一人きりの食事はおすすめしません。

食事内容は栄養バランスを意識したものに。いくら好きだからと言って、お菓子やジャンクフードばかり食べていては栄養バランスが偏ります。気持ちを落ち着かせるセロトニンを作り出す、トリプトファンが豊富に含まれたチーズや牛乳などの乳製品、ナッツ、きな粉、卵黄なども意識して食べるようにしましょう。ただし食べすぎは禁物。あくまでもバランス良く。

食後にコーヒーやお茶を飲む習慣の方もいるかもしれませんが、カフェインは不眠の原因となりますのでなるべく避けます。特に夕食後は控えてください。アルコール依存症を併発している患者さんも少なくありませんので、適量を守れないようであれば、思い切って断酒を。
§ うつ病に関連するコラム・資料・レポート §


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.