うつ病の再発に早く気づく方法


■ うつ病の再発に早く気づく方法

うつ病は再発する可能性が高い病気です。完治したと思っていても、ストレスなどをきっけかに再び症状があらわれることがあります。

うつ病再発防止のためには、ストレスを上手に発散させ、ため込まないことが大切です。

「オンとオフでメリハリをつける」
休日も仕事のことばかり考えてしまうという人は、集中して楽しく取り組める趣味を見つけるのも良いでしょう。ただし夢中になりすぎないように。楽しいことをしているときでも、意識的に休憩を取る習慣をつけておくことが大切です。

「時間のゆとりを持って」
食事や入浴に時間のゆとりを持つことは、心のゆとりに繋がります。

「無理は禁物」
いっぺんに色々やろうとせずにできることからやっていく、追い込まれたときほど落ち着いて対処する、どうしても難しいときは周りに協力を求める、など全てを一人で抱え込まない、無理をしすぎないこと。

うつ病を再発させないためには、その兆候に早く気が付き対応することが大切です。次のような症状は再発のサインかもしれません。

・今まで楽しみにしていたこと、趣味などが楽しくなくなり、興味が持てなくなる。
・食欲がわかず、特に食べたいものがない。
・どこかに出かけるのはもちろん、性行為や食事、入浴なども面倒に感じる。
・注意力散漫になり、仕事の些細なミスが増えた。ちょっとしたことでイライラし、たばこやお酒の摂取量が増えた。

本人には自覚症状がない場合もあるので、周りの人も注意してあげてください。
§ うつ病に関連するコラム・資料・レポート §


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.