気分変調症の薬物療法


■ 気分変調症の薬物療法

気分変調症の投薬治療では、効果があらわれるまで長い時間を要します。いずれかの抗うつ剤を少なくとも6カ月から2年の間服用し続けます。

1.まずは薬の選択から
SSRI、SNRI、三環系抗うつ薬の中から薬を選択します。効果や副作用の有無をみながら、3週間~3ヶ月服用します。

2.十分な投薬効果が得られない場合
服用量を増やす、もしくは薬を変更します。
§ うつ病に関連するコラム・資料・レポート §


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.