非定型うつ病の患者さんにあらわれる言動


■ 非定型うつ病の患者さんにあらわれる言動

「夜に弱い」
ほかのタイプのうつ病の場合、朝起きられないという症状がみられるが、非定型の患者さんの場合は夕方や夜に気分や体調が優れなくなる。そのため睡眠時間が長くなるが熟睡はできず、日中ひどい眠気を感じることが増える。

「気晴らしにやけ食いをする」
食べている時は気分が落ち着くため、やけ食いをする。糖分を欲するため、太っている患者さんが多い。

「気分が良い時もある」
一日中憂うつな気分が晴れないわけではなく、好きなことをしていたり、嬉しいことがあると改善される。
§ うつ病に関連するコラム・資料・レポート §


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.