双極性障害に対する病院での治療


■ 双極性障害に対する病院での治療

双極性障害に対する病院での治療
投薬治療と精神療法を行います。
薬の効果があらわれるには長い時間がかかるため、根気よく続けることが大切。
精神療法では「こういう性格なのが悪い」「何をやっても人より劣っている」といった患者さんの考え方を見直していきます。

双極性障害に対する周りのサポート
患者さんは「できない自分」に対して嫌悪感や劣等感を抱いているため、周りが手を出しすぎるとその考えをさらに強めてしまいます。できることは自分でやらせることも治療に繋がります。
双極性障害は激しい落ち込みなどの症状が見られないため、本人も周囲も「そういう人なんだ」と性格的な問題で片付けてしまいがちです。病気であると理解し、生活環境が要因になっていると思われる場合は、改善を試みます。
§ うつ病に関連するコラム・資料・レポート §


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.