うつの入院治療


■ うつの入院治療

精神科病院などに設置されている、うつ病を専門としたストレスケア病棟が増えてきています。ストレスケア病棟とはその名の通り、ストレスに関連する病気の患者さんのための病棟で、より専門的な治療が行われています。

治療内容は施設によってさまざまです。専門のトレーナーと訓練を受けた犬が施設を訪問して、患者さんたちとふれあうドックセラピーが有名です。入院生活中の癒しとなり、犬を通して人ともコミュニケーションを取るきっかけにもなってくれます。
患者さんは孤独感に襲われている場合も多いため、集団で何かの作業に取り組んだり、症状が安定した患者さん同士で相部屋生活を送る施設もあります。

ストレスケア病棟での入院期間は一般的に3ヶ月程度になります。入院というと大げさに感じるかもしれませんが、さまざまな理由で自宅での治療が難しい患者さんにはとても有効的なので、希望する場合は主治医に相談してみてください。
§ うつ病に関連するコラム・資料・レポート §


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.