うつ患者の職場復帰させるタイミング


■ うつ患者の職場復帰させるタイミング

本人から復職したいとの申し出があった場合、まずは主治医がそれが可能かどうか判断します。医師が復職可能と判断し、その旨の診断書を受け取ったら、会社は復職のための具体的な予定を立てます。会社の都合を押し付けるのではなく、医師や本人の意見を取り入れながら作成しましょう。

その際、本人から「以前の部署には戻りにくい。他の部署に異動して欲しい。」といった希望があるかもしれません。仕事がうつ病の原因になっていた場合、一見異動が有効かとも思われますが、新しい環境への順応がかえって負担になることも考えられます。本人の希望や医師の意見を聞き、慎重に検討しましょう。

復職支援プランが完成したら本人の状況を最終確認します。問題がなければ医師から就業の配慮に関する意見書などを受け取り、復職となります。状況に応じて、いきなり完全復帰するのではなく、試し出勤(リハビリ出勤)から始めるのも良いでしょう。まずは入力作業や書類作成から始め、数カ月かけて徐々に通常の業務に戻っていくという方法です。リハビリ出勤は計画通りに進めることよりも、本人の体調や状況に応じて行うことが大切です。

通常業務に戻った後も再発防止のため、本人の様子や無理な勤務が続いていないかなど、サポートを続けましょう。

§ うつ病に関連するコラム・資料・レポート §
うつ病は繰り返す
思い当たるきっかけがない
うつ病になりやすい人
何科を受診すればよいのか 休職に抵抗がある場合
うつ病の投薬治療の疑問点・注意点
精神療法の面接について 改善方向に向かっている際の注意点
職場復帰時の注意点
元の仕事に戻れるのか?
うつ病の治療費について
気をつけたい言動や言葉 こんな疑いがあったら注意
統合失調症とうつの違い
本人が認めない場合の対応
家族として接する場合の注意点
友人がうつになったら?
爽状態?急に元気になってしまうケース
看護に疲れてしまいそうな場合
自殺を防ぐ方法
うつ患者の勤務態度
休職時のケア
職場復帰させるタイミング
産業医などの専門家がいないときは?
復職した同僚にどう接すればいいのでしょうか?
入院治療について
症状や病気になる過程
メランコリー型うつ病とは?
メランコリー型うつ病の治療と対応
双極性障害の患者さんが躁状態のときにあらわれる言動
双極性障害の治療と対応
気分変調症の患者さんにあらわれる言動
双極性障害に対する病院での治療
非定型の患者さんにあらわれる言動
非定型うつ病の治療と対応
女性のうつ病
高齢者のうつ病
子どものうつ病
病気や薬が招くうつ病
薬剤起因性うつ病について
薬物療法では「抗うつ薬」が主に使われる
抗うつ薬とは?
気分安定薬について
抗不安薬について
抗精神病薬について
メランコリー型うつ病の薬物療法
双極性障害の薬物療法
気分変調症の薬物療法
非定型うつ病の投薬治療
難治性うつ病の治療
うつ病対策としての自己暗示
思考パターンを変えてみよう
再発に早く気づく方法
活動的に過ごす
リラックス方法を見つける
不眠対策
食事対策
対人関係を上手に築く
困ったときの相談窓口一覧




Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.