30代~40代で結婚しない女性の原因とは?


結婚しない女性

もちろんこれは、容姿の問題ではありません。
このサイトで紹介するわけですから、根柢の原因にはもっと根深い要因が潜んでいます。

まず、結婚に容姿が関係ないという事実は、芸能人のカップルやあなたの周りの人を見ればわかるでしょう。
30代~40代で美しいのに結婚しない、男性の影がまったく見つからないという方の多くの背景に、家族という大きな存在があります。

ここでは結婚できないの女性からのインタビューをいくつか検討したものを、筆者の視点と経験で判断し、そしてそれが「家族との関係」とどのように結びついているのか?を紹介します。

・厳しく、威厳ある父親に育てられた女性
昭和の初期のような、父が大黒柱である家庭。
何をするにも父の許可が必要で、朝食や夕食も家族がそろい、父がその場に居なければ食べられないような厳格な家庭で育った方の場合、婚期が遅れる事があるようです。
これは、その父とそれに耐える母という構図を小さいころから刷り込まれている関係で「とても私には母のような人にはなれない」という感情、さらに「父と母のような夫婦は作りたくない」という感情が、婚期を遅らせている要因の1つだと推測できます。

父が極めて厳格な家庭の場合、そのような環境で教育を受けた女性は、結婚すると同じように男性優位の家庭風土を築いてしまう傾向があると思われます。
虐待を受けた子は、親になると今度は自分が虐待してしまうケースが多いように、このような事は継承する傾向にあるのかもしれません。
また、父が厳しい家庭しか自分は見てこなかったから、お手本がそれしかないという考え方もあります。

また、父親の権力が強く、何をするにも父の承認が必要という環境で育った女性の場合、人前では明るく過ごしますが、普段は人とのかかわりを拒絶し、無表情を決め込む傾向もあるようです。
これは、甘えたり、反発したりすることが無意味であった幼少期の感情を引きずり、大人になっても、表の顔と裏の顔の二面性を持つことになるとも考えられます。

同僚・友人とも一線を引き「これ以上は私のエリアに入ってこないで」という心の壁を張ることで、自らを守ろうとしている表れ。 非常に頭がよく、仕事が出来て、冷静な方に多いのも特徴です。

もし自分にもこのような傾向があるかな?と感じた方に是非実践してほしいのが「自分自身を許し、愛する」事、そして「自分はさみしい」と感じる事です。
精神的に強く、頭がよい方の特徴として挙げられるのが「本当は寂しいのに、寂しくないような振る舞い」が得意であり、また寂しくならないような環境を作り上げてしまうので「自分の孤独感」に蓋をしてしまっていると思われます。

本当に寂しく無い人は、自分が「寂しい」と口に出して誰かに言える人です。
本当に寂しい人は、自分が「寂しい」とは他人に言えない、または自分でも感じたく無い方です。

そして、厳格な父や何事にも耐えて自分の意見を言わない母、そんな両親を、内心もし許せていない場合、その怒りの矛先は「父や母を許せない自分が許せない」という感情に結びつき、全ての攻撃が最終的には自分自身に向いてしまいます。

あなたの中には無邪気で自由奔放なもう一人の小さな自分がいることを忘れないでください。
そのもう一人の自分が、あなたの外側にあるバリアが解き放たれた時、本当のあなた自身のあふれる魅力がこぼれ出す瞬間です。
そして、その時こそ婚期。
相手の方の素晴らしい魅力に気付くことができ、お相手の方との距離を縮めることへの恐怖がなくなることでしょう。

・家族との関係が仲良すぎる場合
父や母との関係が良好で、兄弟・姉妹関係も非常に良好な場合、婚期を逃してしまう女性が稀におります。
具体的に例を挙げると、毎週のように母や姉妹と会い、買い物へ行ったり、どちらかの家でおしゃべりをしている。
携帯やスマートフォンでほぼ毎日メールのやり取りをしている・・・。
こんな家族関係の場合には要注意です。
こうした関係性の場合、例えば「寂しい母と話してあげなければ」とか「寂しくても母がいるから楽しい」などと無意識に考えるようになります。
母には私が必要であり、私には母が必要。
そんな関係は、まさに共依存です。

お互いがお互いに依存し合ってバランスをとっている状態です。

一見すると、母に対しても、娘に対しても良い事をしているつもりであっても、それは裏を返せば「娘の自立」や「一人でも強く生活できるようになる母の精神的成長」を阻害している事になっています。

家族との関係が良好なのは素晴らしいことですが、ゆがんだ依存関係は成長機会を阻害しているのだという事に、まずは気付くこと、そして、母には母の人生が、娘には娘の人生があるという事を意識することだと思います。

共依存関係が無くなった状態での家族愛は、真の家族の姿になれるはずです。
その時こそ、あなたの婚期であり「あなたの幸せ=母親の本当の幸せ」に、なるのだと思います。

Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.