レンドルミンの使用感


レンドルミンの使用感 約6時間の睡眠を実現するといわれている?!レンドルミン。
深夜の0時から、翌朝5時~6時ころ目覚めたい場合の目標時に使ったりしていますが、個人的名印象としては「途中覚醒」「夢を見る」などの余地がありますので、熟睡はできていないのでしょう。
目覚めてもぼんやりしているときもあるので、完全熟睡をしたい方には向いていないかも?
ただ、睡眠があまりにも浅い場合や、途中覚醒がひどすぎる場合など、さらには睡眠導入剤初心者の方には丁度よいかもですね。
私の場合、サイレースとレンドルミンは使い分けています。

それから、これはサイレースのページでも書きましたが「熟睡できない」ことと「寝付けない」ことは別物です。
寝付けないなら、マイスリーをおすすめ。
つまりレンドルミンとマイスリーを同時に頓服すれば、比較的早く、6時間程度の睡眠ができるわけですね。

水がなくても飲めるタイプなので、口に含むと唾液でどんどん溶けてゆきます。
効果をなるべく早く出したいなら、お水などと一緒に早めに流し込んでしまいましょう。

ちなみに、レンドルミンを頓服してから、どれくらい睡眠を我慢できるか?!という実験を個人的にしてみたことがありますが、約3時間は起きていました。
たぶんもっと起きていようと思えば起きられましたが、さすがに面倒だったので寝てしまいました。
薬を使い始めて半月くらいだったので、効果が薄れてきたということでもないし、どうやら睡眠導入という面での効果は低いのかも?

Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.