50代への不安


20代は、ひたすら先輩の模倣をして社会での順応性を鍛える時期。
30代は、失敗を繰り返し、そこから学びを得て強さを得る時期。
40代は、そこで得た学びを活かして自分流を発揮して稼ぐ時期。
50代は、自分の事だけでなく広く社会の発展と繁栄のために自分の能力を提供する時期。
60代は、得た能力や知恵を後人に伝える教育者としての時期。
70代は、死と対面し、どのように人生の終焉を迎えるかを考える悟りの時期。

私は人生のロードマップをそのように考えています。
多くの方が自分の人生を考える時期というのは40代だと思います。

20代~30代は恋愛も仕事も順調で、さほど固定費用もかからずに、安定して成長ができる時期でもあります。
しかし40代になると、20代と30代でどのような経験をしてきたかによって格差が生じる時期です。

経済力、知識や知恵などにも大きく差が生まれ、そして40代でこれらを盛り返すのは厳しい道のりと感じるはずです。
もっと20代や30代で経験しておくんだった・・・そんな後悔をするのもこの時期かと思います。

例えば派遣社員であることを悲観する方。
同窓会で年収格差が10倍も開いた旧友との再会。
どれほど面接にいっても履歴書で落とされる。

などなど、数え上げればきりがないほど「理不尽」と思える現実に直面します。

そしてそんな40代の方が最も恐怖に感じるのが50代になった自分の姿でしょう。
まだ体力的にも仕事にしても頑張れる40代だけれど、能力も体力も落ちる50代になったとき、自分の生活がどうなるのかとても気になる、また気にしている人が少なくありません。

気にしていない・・・という人がいたとしても、それは単に考えるのをやめているだけで、気にならないか?と聞かれれば嘘になるでしょう。

私も50代、60代になった時の自分を想像して不安に思う時はあります。

テレビの「波乱万丈劇」などを見ても、30代や40代でどん底に落ち、そこから這い上がって50代60代で幸せな人生を送る方のストーリーを見た事があるでしょう。
しかし、そんなケースは極めて稀で、ほとんどの方は40代でどん底に落ちたら、もはや這い上がるのは困難となります。

厳密にうと45才くらいまでは取り返しは可能です。
しかし46才を超えたあたりからは、世の中からは高齢者予備軍として扱われ、よほどの独自能力がない場合、転職は不可能に近くなります。

もし仕事があるとしても、誰でも出来る仕事などです。

そのためにも、これからの時代はオリジナリティーある自分流を身につける事が大切と感じます。
ITが得意なのか、金融が得意なのか?
物を書くのが得意なのか?

なんでもかまわないと思いますが、主力の仕事意外にダブルキャリアを持つことも大切でしょう。

そして何より大切なのが、人格を身につける事です。

人のために、世の中のために何が出来るか?を常に考え、そのために必要な事を身につけてゆけば、必然的にあなたオンリーの能力が備わり、世の中から必要とされる人間になれます。

50代への不安は、今の生活を維持したり、今よりレベルが下がる心配をするケースです。
そこには自分自身が「向上する」という概念が消えています。

今より世の中に必要とされる人間になれさえすれば良いだけなのですから、意外にも解決策は簡単なのです。

健康で居続ける事。
世の中を常に観察すること、つまり人を観察すること。

そして常に与える事。

この事を率先して継続してゆけば、不安などを感じる暇がなくなるはずです。

Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.