誕生日が2月15日の人についての運命診断


この日に生誕した方を表現すると

愛情なのか友情なのか自分で判断できない迷い人

[人生全般について]
 ご自分でも気付かれていると思いますが、あなたは物事を独創的に捉えることができる人です。
 多角的に、また俯瞰して全体を見据えて局所へ注意を払う視野は、効率と改善に大いに役立つ才覚です。

 あなたはあらゆる物事において非常に飲み込みが早く、且つ対象の本質へ一気に切り込んで問題点を改善したり、また長所を見出して引き出すことができるのです。
 独創的と敢えて書いたのは、その手法が他者では到底理解できないような発想と着眼点であるという事であって、ともすれば異端児、変人、傾奇者などと思われてしまう理由となります。

 
 様々な物へ触れたいと思う好奇心は、興味の対象が広い事を意味します。それゆえ職人のような、一つの道に秀でる事よりも、様々な知識を得て活かす万能な軍師幕僚タイプです。

 仕事面では単純作業者はもってのほかで、あなたは単調な業務や同じことの繰り返しであるルーティンワークでは才能を発揮するどころか、イージーミスさえ多発させてしまうでしょう。自分に関心と興味が無い物事へはほとんど注意を払えないタイプだからです。

 人と調整するコミュニケーション業務、交渉、折衝系の職業や、研究開発等においては抜群の才能を発揮するでしょうお。また個人事業者としても揺るぎないブランドを構築できる人です。
 常にオンリーワンを目指し、人と違う事こそ利点なのだと思う思考によって、エキセントリックで奇抜な生活を送ります。


 対人関係において穏やかな対応は、初対面ではどのタイプの人からも好かれて慕われます。
 人脈形成を意識しなくても自然と人脈が構築されてゆくのはこのためです。しかし風変りなあなたの思考と行動は、やがて交際関係に影響をもたらします。あなたに理解ある人とそうでない人とでは両極端に分かれて行くのです。しかし、あなたから去る者、つまりあなたと相性の合わない人を無理に追いかける事の無いように気を付けてください。それらは全て徒労に終わります。


 時に贅沢志向が顔をだし、豪華絢爛な物に目が無くなることがあるようです。
 やや物欲志向が強く、そうした物欲は求めれば求めるほどさらに強さを増してゆきます。多くの場合、こうした物欲は自分自身の冷製さを奪うのですが、あなたの場合には良い方向へ向かう事もしばしばあります。

[第四の窓]
 あなたはややプライドが高いところがあります。

 能力が高いことを自ら知っているので自信に満ち溢れています。そのため人からあれこれ指図されることをあまり好みません。
 特に知識を得ようとしなくても、自然と知識が蓄積れるタイプ故、良い物を知ることであなた自身の基準がさらに上ります。そのことはあなたの選美眼を養いセンスをさらに高めてくれるでしょう。

 しかしそうした基準は他者から見るとあなたとの距離になります。決して相手を見下さない事が重要です。
 能力や才能に自惚れることなく、常に謙虚さと素直さを忘れないようにしてください。


 生涯、経済的な困窮とは無縁の人ですが、浪費家でもあるため貯蓄は常に不安定です。贅沢な暮らしがあなたの才能を伸ばすことは承知していますが、足者との基盤を揺るがしてまで求める必要はないはずです。



[愛とつながり]
 多くの友人知人に囲まれているので、出会いにおいては他者に比べてアドバンテージがあります。
 また持ち前の公平性と愛情で人から好かれます。しかし特定の人を愛する事で、いらぬ嫉妬を受けたり、トラブルになる可能性があるかも。

 あなた自身、想像もしていなかったような人から告白を受けたり、ひそかに想いを寄せられている事もありますから、関係性において油断は禁物です。
 
 押しが強く、自らの意志をしっかりと持った方に惹かれるようです。
 しかし愛情と友情の狭間で揺れ動き、自分が相手を愛しているのか、または尊敬心からのあこがれなのか分からないことがあり、心が揺れ動く場合が多く、そのためせっかくの恋愛チャンスを逃してしまう事も。

[仕事等への適性]
 コミュニケーション能力が高く、リーダー的気質があるので、常に組織の有心的人物になります。
 また人から助言を求められることが多く、多くの人を助けます。

 公平な愛情を注ぐことができるので、社会活動家や公共的な職務、弁護士、検事なども向いているようです。
 人に関わる仕事として医療関係、カウンセラー、心理学者などにも向いているかも。

 新しい事へのチャレンジが好きで想像的な精神を持ち合わせているので、世の中でまだ登場していない新商品や新サービスの開発、研究分野にも関心があるかも。

[2月15日に生まれた方へ想いを届ける方法]

 この人は非常に個性的な性格の持ち主です。  世間一般で言うところの常識がまっ...続きを読む



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.