誕生日が1月20日の人についての運命診断


この日に生誕した方を表現すると

繊細過ぎる性格で自己不信にならないように

[人生全般について]
 細部に拘り、小さな事にも気付ける細やかな性格、とても繊細な人と言えます。

 男性であれば女性的な感性を持ち、女性であれば人を立て、助力の人として活躍します。

 主星の乙女座からは説得力、行動力、知性、好奇心を与えられています。
 このことが影響し、自分が関心のある事や知りたいと思う事に対しては全てをかけてその真髄を手にしたいと思うでしょう。
 一方現実的な生活も疎かにせず、着実に自分の生活力を高め安定を手にします。そしてある程度の安定を確立したのちに、自らの理想とする知的好奇心を探る旅に出るようです。

 人への関心が強く、心や感情といった目に見えない事について強い関心を抱くでしょう。特にそれは愛情、恋愛、友情、家族等に強く現れ、人と人とが繋がる最も強い動機は物質的な報酬ではなく精神と精神が繋がる事だと考え、その理由を探求するのです。


 いつでも礼儀正しいあなたは、社交界へ出る事も多くあるでしょう。
 あらゆる階層の人と交流し、上流階級にも一般的な人々にも対等に接する事ができる才覚があり、このことがあなたにカリスマ性を与えています。
 鋭い感性と読心術は相手の心をずしりと刻む一言を伝えます。

 もちろんあなたは相手に対して良かれと思いやっているわけですが、相手にそれを受け入れられる器がなければ、単に傷つけるだけに終わる可能性もありますので、必ず相手の立場や成長度合いを考えて言葉を伝える必要があります。 


 やや完全主義の傾向があるため、細部に至るまで手抜きをしません。しかしこれ以上努力しても得られない限界点を超えてまで行動する事は、あなたの人生に非効率となります。
 臨機応変に物事へ対処できるよき参謀や友人、あなたを客観的に見て指摘してくれる恋人や家族の存在が必要となります。

[第四の窓]
 揺るぎない信念を持ち、100人中99人に反対されたとしても、自分が信じる道を選びます。
 完璧主義や完全主義が強い人の場合、自分自身を過信する傾向も強いため、たとえその可能性が1%であっても挑戦したいと思うのです。

 自分への報酬と他者への報酬を同時に考えられる人であり、特に恋人や家族に対しては惜しみない労力と財の提供をするでしょう。
 また職場の同僚や後輩などにも大判振る舞いで見栄を張る事もあるようです。

 あなたは幼少期に十分な愛情を受けずに育った事が考えれます。または愛情は受けていながらも、それを愛状と判断せず、自分は愛されていない存在なのだと勝手に解釈している傾向があるようです。
 そのため愛に常に飢えているのですが、愛されたり愛する事に慣れていないため、恋愛面では苦労するオkとになります。



[愛とつながり]
 一見社交的に見えますが、あなた自身は一人で過ごしたり少人数でのコミュニケーションを好んでいます。

 静かに自分と対話したり、少人数で精神的な語らいをする事が好きなので、大人数でわいわい騒ぐような飲み会などがどうしても受け居られれないでしょう。

 あなたは恋愛面で非常に苦労します。
 愛する人へ素直に愛の感情を伝えたり、どうしたらもっと距離感を近付けてよいかが分からず困惑しています。そして、やがては傷つきたく無いという思いから、愛する人であっても「自分には相応しく無い人だ」と勝手に歪曲解釈し、距離を置こうとるすのです。

 しかし、こうした行動を取っている限り、永遠に恋愛経験値は上がりませんし、あなた自身がさらに自分を嫌いになる要因にもなってしまいます。
 傷つく事を恐れず、もっと自分に素直になる事が恋愛面であなたに必要な宿命と言えるかもしれません。

 人生にとって最も残念なのは、やらない事で後悔することですから。

[仕事等への適性]
 規律を遵守し、正義感に暑い感情を抱くため、仕事もそうした職種が向いているようです。
 金融関係、法律関係、医療、学問関係では天職が隠れていそうです。

 一方クリエイティブなデザイナー、プログラマー、芸術家、音楽家などはやや不向きとなります。なぜならあなたはすでにある何かの真似をし、それをさらに昇華して高い次元へと成長させて発信させるような仕事に向いているからです。

 これは模倣とは違います。
 全く同じものを創るのではなく、これまでの知識や形状を参考にまったく新しい新技術や新サービスを発想・開発できる能力となります。

 まずは自分が何をやりたいのか?何に適性がありそうなのかを若年層~人生前半で把握する事が鍵となります。仕事面で実績を上げ続けると自己不信や完璧主義の感情から解放され、じつに自然体でビジネスをこなせるようになるはずです。
 

[1月20日に生まれた方へ想いを届ける方法]

 狭い対人関係にも関わらず、だれからも愛され好感をもたれるタイプでしょう。  ...続きを読む



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.