誕生日が12月29日の人についての運命診断


この日に生誕した方を表現すると

強い欲望の先にある本当に得たい物とは

[人生全般について]
 卓越したコミュニケーション能力を兼ね備え、物腰が柔らかいながらも駆け引きのセンスがあり、いつの間にか多くの人はあなたのペースに乗せられてしまうでしょう。

 理想と現実との間にありながらも心が揺れる事は無く、ほどよいバランス感覚で調和の取れた道を選べる人であります。また、自らが欲する物のためであればいかなる努力も惜しまない精神力も兼ね備えております。


 あなたが努力と根気力を傾けられるのは、いかなる物に対してというわけではなく、あなた自身が価値あるものだと認識した事象に限ります。
 言い換えると、あなたは自分に関心の有るものには打ち込みますが、そうでない事に関しては非常に無頓着です。その好例が服装や飲食など生活面にも現れます。
 有る人はファッションに全く拘らなかったり、また飲食に関してはズボラで口に入れば何でもよいと考える居人もいるのはこのためでしょう。


 富が集まる場所や人物を見極め、効率的に仕事を行える商才有る人ですが、欲望が前面に出てしまうと人々はあなたから離れてゆきます。もしあなたが自分の欲望を実現したいと思うならば、まずは相手の欲望を叶える事から始めましょう。
 何かを始めたいと思う気持ちはあるものの、経済的な不足感から二の足を踏んだり、経験不足を言い訳に踏み出せない心の弱さが垣間見えます。そうした勇気を手に入れるには小さな自分との約束を毎日守ることです。


 この日に生まれた人は音感・リズム感が優れており、楽器の演奏や自らの声に美しい響きを宿しています。
 コミュニケーション能力が高い理由の1つは、あなたの艶のある声が影響している事もありますので、存分に会話を楽しみ、多くの人と対話してみてください。

 古い慣習や保守的な感情は非生産的であると思考している部分があるため、友人や知人、恋人は先鋭的で進歩的な人と過ごす事が多くなりそうですが、この世界には無駄が無いという事実もしっかりと心のどこかでは留めておいた方がよいでしょう。

[第四の窓]
 あなたは幼少期から中年代までは不足していると感じる自らの生活環境を整えるため、知識や技能を自らが得て差別化を図り、経済的な成功を追求するはずです。
 しかし、一端それらを実現したり、目指す過程において「富は物質では得られない」事を知ると、思考が180度変化し得られた情報やスキルはシェアする事に幸福感は隠れているのだと知る事になります。

 あなたに必要な事は自分自身を良く知る事であって、そのためには定期的な内観が必要になるでしょう。
 ともすれば欲望だけが先行し、さして欲しいものではないのにもかかわらず、他者が所有するものを自分も欲しいと思ったり、他者との差別化を図るために他者よりも良い物を求めたりします。

 しかしこうした不毛な競争的思考から脱却しなければ、いつまでたっても奪い合いの世の中で生きる事になってしまいます。



[愛とつながり]
 才覚ある人に関心があるため、財力のある人、圧倒的なカリスマを持つ人、芸能人や有名人に惹かれるはずです。

 一見すると高望のようにも思われますが、あなた自身も彼らに劣る事の無いほどの才能を持っているため互いに理解しあえる関係になれ調和が取れます。

 人間関係を大切にする性格は、深く長いお付き合いになります。
 恋愛も同様で、1人の人とある程度長いお付き合いが持続する事になりますが、別れの原因の大半はあなたの我儘で奔放な性格が理由です。

 もし誰かと共に過ごしていても退屈感を感じるならば、それはその人とあなたの魂のレイヤーレベルが異なるからです。そういう人とは表面的には上手くいきますが、お互いにメリットはありません。別れは割る事ではなく、新しい出会いの種です。
 うじうじ考えているようならば、スパッと遮断して次の交際へ移行しましょう。

[仕事等への適性]
 目的が定まると一心不乱に努力を傾けられる人ですので、あなたは自分が本当にやりたい仕事に就く事で強い力が発揮されます。
 たとえその道が自分の欲望を叶えるものであったとしても、まずは力を出し切る事が必要でブレイクスルーによって精神的な成育もスタートするからです。

 知識と人間関係において卓越した才覚を持つため、セールス、広報、編集者、芸能界などに天職が隠れています。
 学習意欲と新しい知識に順応しやすいため、世の中に新しく登場した技術やイノベーションにいち早く習熟し使いこなすでしょう。

 人からあれこれ指示されるより、自ら考え道を切り開くような職業、業種に向いています。

[12月29日に生まれた方へ想いを届ける方法]

 得たいものを手にし、ほしい物のためならば努力を惜しまない現実主義派です。 ...続きを読む



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.