誕生日が12月8日の人についての運命診断


この日に生誕した方を表現すると

心地よい人間関係より、居心地の悪い環境があなたを成長させます

[人生全般について]
 感情の起伏が激しいあなたは、周囲との関係性において常に一喜一憂する人生となりそうです。

 直観的で霊感が強く、自己を信じれば多くの問題が解決できるのにも関わらず、自己不信感が強く、常に誰かに寄り添い、頼りたいと思う気持ちが存在しています。


 自分自身を卑下して表現する場合が多いのですが、これは改めるべき習慣です。
 期待されたり頼られると過剰に応えようと懸命に努力してしまう自分自身を良く知っているため、あまり目立つ事はせず、常に自分を過小評価し「他者から期待をされないよう」振る舞うでしょう。しかし、こうした行動を行っていると、あなたの直感と感性から素晴らしいアイデアが生まれ発言したとしても、それを受け入れられるチャンスを逸してしまいます。


 あなたは一人で考え、一人で行動しても十分な活動力と生命力を維持できる存在です。
 物事の真価を見極め、何が最も重要で要となる要素なのかを正確に理解できているのですから、もっと自分自身を信じてよいのです。
 また、自己信仰心を強く持てば、この世界を形成する大いなる真理と意識が融合し、少し先の未来が見えてくるようになります。

 ある程度の権限を委譲されつつ、過度な責任を回避できる組織や団体のナンバー2として活躍する事を望みますが、あなたはリーダーとしても十分な役割を果たせる人です。創造的な思考でアイデアを豊富に持ち、人を見る目と理解力があるため協力者にも恵まれるからです。


 経済的な困窮とは無縁であり、多くを望まなくとも金銭的なゆとりを得られる商才がありますが、その資源を自己鍛錬・自己投資へ活用する事を忘れないように。

 あなたは自分に自信を持つために、些細な事を先延ばしにせず、毎日その日に出来る事をきっちり終わらせる習慣を持つ事が鍵となりますが、そのためには必要以上の節約や、また過剰な浪費は、現実から目を背けさせる要因になります。
 お金は時間を買う事ができる素晴らしい要素です。
 自分が行う諸作業を他者にまかせ、あなたはより創造的な物事へ挑んだり、創造的な思考を行うために使いましょう。

[第四の窓]
 直感力と洞察力が非常に繊細で鋭いため、他者の欲望の正体を見破ります。
 愛や財、権力など、その人が何を求めているのかを素早く察知し、それを提供するために奔走し期待に応えようとします。
 そうした実績によって、宰相や参謀として活躍するケースが多いのですが、あなたが最も知るべきは自分自身の内面にある欲望であって、他人の欲望ではありません。

 もちろん他者のために尽くす事は必要ですが、その先にはいったい何があると言うのでしょうか?ある人から気に入られ、好かれたとしてもそれがあなたの本当の幸福感に繋がるか?と言われれば疑問でしょう。

 あなたの内なる心から聞こえる声に耳を傾け、第六感を研ぎ澄ませて下さい。
 あなたはより大きな視野で世界の幸福を考えられる人なのです。



[愛とつながり]
 言葉少なくともコミュニケーションが行える相手を望んでいます。

 つまりあなたと同程度の知性を持った人と交際し、気軽なコミュニケーションを望んでいるようです。

 感情の起伏が激しく、時に激しく落ち込み、時に躁状態とも思えるほど楽観的になったりします。こうした感情の強い波に振り回される事無く、常に自分自身の安定した感情を持つ人格者があなたの理想の相手と言えますが、そのような人は滅多におりません。そのためあなたの恋愛面は常に不満足感を抱える事になるでしょう。

 人は自分と同じ感情レベル、同じ価値観の人と調和して出会うのです。もしあなたが優れた人格者を求めているのならば、あなた自身が自己信頼感を高め、優れた人格者として成長する事が必要です。

[仕事等への適性]
 現状の諸問題や改善点をすぐに発見して改善し、ビジネスから非効率な側面を排除して効率的な組織にしてゆく才覚があります。

 もともと才能が高く、加えて直感力と洞察力が強いため人の才能の底浅も判断できてしまいます。そのため能力が無いと思うと途端にその人から関心が薄れ、冷淡な態度を取ってしまう事があるでしょう。
 言い換えると、自分が認めた人とは関係を結ぶけれども、そうでなければ人間関係を次から次へと断絶してしまうのです。
 人間が出会う全ての人と交友関係を持つ事は不可能ですが、人の魅力の一面である「能力」部分にのみフォーカスして関係性を断絶してしまうのは惜しい事と言えるでしょう。

 大企業では経営管理者層として、また起業した場合では少人数のベンチャー企業などで力を発揮します。
 

[12月8日に生まれた方へ想いを届ける方法]

 多くの才能に恵まれながらも、なぜか自分には自信がない暮らしをしています。 ...続きを読む



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.