誕生日が12月7日の人についての運命診断


この日に生誕した方を表現すると

物事の本質を深く追求できる探求者

[人生全般について]
 自らの存在意義と、自分自身に課せられた役割を探すがごとく、あなたは内面を深く探求する精神の旅人です。

 知的で聡明、その才覚によって理解力が高く、物事の本質を見抜く事ができます。
 あらゆる物事には意味があり、存在する全ての物には役割があると感じているため、価値観が公平で全ての物事に優劣を付けない人格者として振る舞います。


 あなたは独創的な発想とアイデアを次から次へと生み出せるはずです、これは天性の芸術的センスを持っているためであり、また常識に囚われない思考も影響しています。そのため創造的な活動、つまり物事を無から生み出す事に関して大きな実績を上げられる人です。

 仕事でもプライベートでも未だ誰もが行っていない事や、誰もが二の足を踏むような分野へ挑む事を率先して実行してみましょう。そのような環境に入るとあなた自身も気付かない隠れた才覚が芽生えるはずなのです。


 主星は水星と牡羊座であるため、冒険心が旺盛であり神秘的で精神的な世界に傾倒します。そのため物質的な富、つまり物欲が低く欲しいものは愛や信頼、そして知識です。

 非常に魅力的で個性的なため、あなたと会話した人はすぐにその魅力に惹きこまれるでしょう。嘘や偽りを嫌い、飾らない性格は性別や年齢を超えて熱烈な信者としてあなたの元へ集まります。
 自分にそれほど強い自信は持っていないものの、凛とした風貌と滲み出る知性によって誰もがあなたに一目置いています。


 興味の範囲が非常に狭いのもあなたの個性の一つでもあります。

 自分自身が関心のある分野においては達人の域に達するまで一心不乱に集中し行動するものの、興味や関心の範囲外の物事においては全く力が発揮できず、すぐに挫折しあきらめてしまいます。しかし、無理して興味の範囲を広げる必要はありません、あなたは物事のある1点を奥深く追求し、その物事の本質を追究する事の方が向いているからです。

[第四の窓]
 溢れるカリスマとオーラは物質的な欲が低く、研ぎ澄まされた感性と知性から来るものです。
 まるで古の賢者のごとく振る舞い、人々へ意見し助言します。

 あなたの話を聞きたくて多くの人が集うでしょう、またあなたの言葉が欲しくて多くの人から相談が舞い込みます。
 群れる事を嫌い、注目される事を望まないため、人生の中盤からは人間関係を広げる事を拒みます。対照的に新たな環境と知見を求めて旅をすることになるでしょう。

 温情的で公平なため多くのトラブルを解消する仲裁者として立ちまわるはずです。しかし自分自身がトラブルに陥るとなかなか解決できずに苛立つ事があるかもしれません。そのため常に自分自身を客観的に俯瞰して見つめる事を忘れずに。



[愛とつながり]
 恋愛に関しては非常に理想を重要視しています。

 好意の対象には一切の妥協はせず、また自分自身もそうした理想的な人と結ばれるために懸命に努力しています。
 一般的な言葉に言い換えると非常にハードルが高いと言えます。そのため第一印象は好印象を得られるものの、多くの場合にはあなたの拘りと要望に着いてゆけず、多くの人がフェードアウトしてゆくでしょう。

 知的で努力家な人に惹かれますが、実際に恋愛関係になる人は自分が思う理想とは真逆のタイプが多いはずです。これは自分自身が振り回される事で自分自身の役割を得ている安心感が影響しているのです。

 周囲から好意を寄せられる事が実に多いのですが、あなたから好意を持った場合には恋愛が上手くいかないケースが多々あります。これは本来の自分の姿ではなく、相手が思う理想の自分を演じてしまう癖が影響していると言えます。
 自分自身が求める理想が高いばかりに、相手に対してもそうした理想の自分で無ければうまくいかないのではないかと誤解をしているのです。

[仕事等への適性]
 公平な価値観、優れた知性、創造的思考という才覚は、多くの仕事に適性があるはずです。
 常識に囚われないため発想が豊かではあるものの、あなたの斬新なアイデアを周囲が理解するには時間がかかるかもしれません、そのためには周囲が理解しやすい形に分解して解説する事も必要です。

 大きな組織では重要なポジションに就く事で力を発揮します。また自らが起業した場合でも独自のサービスや商品を開発し大きな成功を収める可能性があります。
 しかし興味や関心が長く持続しない性格なため、同じ仕事を続ける事が苦手です。定期的に転職をしたり、業種を変更したりしながら常に新しい事、新しい分野へ挑戦し続ける事が鍵となります。

[12月7日に生まれた方へ想いを届ける方法]

 職人・研究者気質であるため、一つの道に傾倒し、その道のプロフェッショナルになる...続きを読む



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.