誕生日が11月30日の人についての運命診断


[この日に生誕した方を表現すると]

集中力と飽きっぽさの狭間に生きる人

[属性エレメント]




[主星と区分]

いて座 / 柔軟宮

[副星]

いて座/木星

[人生全般について]

 温情型で万人に公平で、優しくありたいと思うコミュニケーション巧者です。

 あなたと会話した人は、わずかな時間でもその魅力に惹きこまれ、あなたを優れた人だと感じるでしょう。この背景には話し方や言葉の言い回し、そして何よりも相手の感情を読み取った、状況を見極めた適切な話術に尽きます。


 クリエイティブで斬新、創造的なアイデアで苦境を打開する力があります。
 自らの困難だけでなく、組織や団体においても問題解決者として立ちまわる運命にあります。そして、そのことでさらに信頼と信用を勝ち取る事が出来るでしょう。

 優れた対人能力は自分でも認識している才能ですが、その事に優越感を感じたり、悦に入る事があるとやや傲慢になったり、相手に対して威圧的になったり、また反論を許さない雰囲気を醸し出す癖があります。
 いつ何時も感謝と反省の気持ちを忘れずに、奢らず謙虚に過ごす事を旨としてください、さもないと些細な綻びから人間関係に亀裂が生じる事になります。

 あなたは言わば「調子に乗りやすい人」です。
 少しばかり流れが自分に対して順風だからといって、その雰囲気で周囲と接してしまうと、浮ついた軽い人間だと思われることがあります。
 また、あなたが調子に乗ると反省と感謝を忘れる癖が表出化します。それまで積み上げてきた信頼や実績が崩壊するのは、外部からの影響ではなく、多くの場合あなた自身が引き起こす事であり、その引き金は順風だと感じている時に起こります。


 冒険心が旺盛で知的好奇心が強く、求めている物に対しては全身全霊でエネルギーを注ぐでしょう。
 自分に不可能は無いという漠然とした自信と、この世界のあらゆるものは自分の味方をしてくれているというプラス思考を持っているようです。
 根拠のない自信は、物事を始めるのには好都合ですが、利害関係が絡んだり、苦境の時期に入ると途端にあなたから冒険心を奪います。
 心がざわめいたり、得体のしれない不安感に襲われたときには、無理に行動せず、今一度後ろに下がって、世界をキャンパスとして自分を俯瞰視してみてください。

[第四の窓]

 感性と感度が高いのですが、態度で示す事が少ないあなたは、その事がきっかけで周囲の人々によく誤解されるでしょう。
 しかし周囲の人々よりも非常に高い魂のレベルにあるために、物事を大局的に俯瞰して捉える事ができています。そのため喜怒哀楽の概念が一般の人と比べるとややずれており、それも周囲に誤解を与えてしまう要因でもあるようです。

 誰かと共に何かを楽しんだり、共に泣いたりすることは無く、さらに上空から達観して物事を捉えておりますので、あなたは一人で瞑想したり感情を研ぎ澄ませる時間が必要です。そのためにも旅や冒険、瞑想を通じて自己内観を行う事を強くお薦めします。



[愛とつながり]

 興味関心のある事に関しては非常に高い集中力を示しますが、そうでない事柄に関しては実に楽観的で力を抜いて気楽に取り組んでいます。

 この緩急ある性格が同性異性問わず非常に人気がある要素となっているようです。


 特に会話力が高く、これがカリスマ性を帯びさせますので、さして苦労せず自分の好意を実現させる事ができるでしょう。しかし根っからの飽きっぽさが原因で、多くの恋愛関係は長続きしない傾向にもあります。

 相手の中にある奥深い部分へ関心を抱く事が必要です。そのため好意を寄せられる事よりも、自らが相手に好意を寄せて始まる恋愛の方が上手く行くはずですので、積極的に声をかけてみてください。

[仕事等への適性]

 クリエイティブで創造的な思考を持つため、思いもしないような斬新な発想を提案します。

 周囲から見れば突然生みだされたアイデアのようにも見えますが、あなた自身は綿密な思考を元に考えられた、背景のあるアイデアであるはずです。
 あなたの意見を周囲に理解してもらうためには、相手の理解度に合わせた解説や説明が必要になります。

 単なるクリエイティブな発想や斬新な発想であっても、実行するのはあなたを含めた組織や団体ですので、しっかりと実現に向けた発想の共有をしなければ意味がありません。

 一人対一人のコミュニケーション能力には抜群の才覚を発揮しますので、セールス業においては優れた成果を上げる事ができるはずです。
 また既存のビジネスに新たな手法を組み込んだり、改良を加えて効率を高めるなど、既成概念念を疑い、新たな風を吹き込む事が出来る人です。

[11月30日に生まれた方へ想いを届ける方法]

 何事も短期集中型で、一気に目的まで近づき、そしてすぐに次の関心へと移行するタイ...続きを読む



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.