誕生日が7月30日の人についての運命診断


この日に生誕した方を表現すると

時には傍にいる人へ想いを感じて

[人生全般について]
 感情の起伏が激しく、個性が強いのがあなたの特徴です。

 決して自我が強いと言うわけではないのですが、やや頑固で偏屈、そのためあなたを使いこなせる人はごく限られた器の大きな人、または同じようなタイプの人になるでしょう。

 才能があり、頭脳明晰なので人の意見を聞き入れないところがありますが、あなたが認めた人に対してはは誠心誠意忠誠尽くします。このため人間関係は非常に偏りのあるものとなりますが、目立って精神がやむほど悩むことはありません。


 大衆に埋もれる事をよしとせず、常に注目を集めたいと思っています。または蔭ながら活動していても「あなたのおかげで成し遂げられた」という称賛を求めています。つまり常に周囲から認められていないとモチベーションが維持できないタイプなのです。
 平易に言えば承認欲求が強く、わがままなタイプで、女性であればお姫様タイプと言えるでしょう。


 自己表現をする方法は多々ありますが、物質的な作品を残す事でそれを証明したいと考えます。例えば書籍、芸術、音楽など、形あるものを世の中に発信する事で自らの存在意義をより鮮明にしたいと思うのです。
 時として傲慢になり、他者の意見を聞き入れない面がありますが、この反対側には世の中に対して迎合しはじめている自分の性格が見え隠れしていることでしょう。
 あなたは個性的で稀にみる才覚を持っているので、迎合せずとも、いやあえて迎合しないほうが最大効用が大きくなるはずなので、自由に、そして奔放に生きてみてください。


 40代を過ぎる人生中盤から後半は、愛する人と共に過ごす事の素晴らしさや、家庭の大切さと重要性に気付き始めます。そのため20代~30代で人生のパートナーとなる人を見つけ、心の成長と人格の形成をいち早く形成する必要があるでしょう。

[第四の窓]
 とても多感で、他者に影響される事が多くあります。

 外見や行動とは裏腹に、心がガラスのようであり、人の悲しみを自分のことのように感じる事ができるため、憐みや慈悲の心を持ちます。そのため他者の悩みに振り回され、同情から自らの財産を投げ打って人助けをすることもあります。

 一方、激情家でもあり、怒りだすと止まらない一面も。そのため周囲の人々はあなたの性格に振り回されることになり、いったいどっちが本当のあなたなのかと惑うのです。

 しかし多感で温情型の性格も、短気で激情家な性格も突き詰めれば感性が豊かで「ぶれ幅が大きい」という事でなんら不思議な事ではありません。問題はあなた自身がそうした性格を自身で制御できずに悪い方向へ進んでしまう場合です。

 しっかり自分の心を内観し、自分自身が今「何を最も優先してやらなければならないのか?」「目の前の人に行う事べきは助ける事なのか、敢えて助けない事で自立させる事を選ぶべきなのか?」そうした判断力を養うことが重要です。

 激しい感情の起伏を制御できれば、物事を達観して見通す事ができるようになり、物事を深い部分で理解することができるようになります。



[愛とつながり]
 人生の前半では「結婚は自分の自由を奪う事」と考えているため、まったく選択肢に入っておりません。
 多くの異性と交わるのは単に遊ぶため、感性を刺激するため、仕事の延長のためといった場合が多く、恋愛などは二の次の二の次と言えます。

 放っておいても周囲から好意を寄せられるので、さして自分で努力せずとも交際で息詰まることはないのですが、真の愛情や家庭の大切さに気付き始める40代からは、こうした怠慢が自分を苦しめるでしょう。
 つまりどのように好きな人と接してよいかがわからないのです。


 なんらかの刺激や外部環境で突如恋愛観や結婚観が変化するタイプですが、上記の通り人生の中盤からは安定した恋愛的思考を得て、自分と相性の合う人の像がはっきりしてくるはずなので、自分の好意に素直になりましょう。


 知的で容姿端麗、だれもが羨む魅力を備えた人に惹かれるあなたですが、それは一般的にだれもが思う欲望と同じレベルのことです。
 どれほど素敵な異性に出会えたとしても、決してへりくだったり迎合しないことが鍵です。


 まずは与えましょう。与えるものは愛に関するすべてのものごとです。
 与えることはマイナスではないのだと心から信じることができれば、静かなオーラがあなたをまとい、対人関係でのかかわり方、自分自身のとらえ方が変化し、真の意味で人格者へと成長する可能性が現れます。

[仕事等への適性]
 対人関係は偏ったものになりますが、基本的に敵を作らないタイプなので、どんな人ともうまくやれます。しかし反対意見を言われたり、自分のことを疑っている人とは距離を置く傾向があります。このことはいったん距離を作ってしまうことで益々距離が出来てしまい、最終的には修復困難なほどに関係が悪化することを意味します。

 あなた自身、そうした関係悪化を望んではいないものの、幼少期からの習慣や癖によって、嫌いな人や気の合わない人との付き合い方を学習しないと、このような人間関係を大人になっても繰り返すことになります。

 ある集団や組織のリーダーとして、また重要な中間管理職として活躍します。
 創造的思考が求められる研究開発や商品開発などは、性格的に飽きっぽいのであまり向いていないでしょう。

 一方対人関係を円滑に行うための調整役などには天職が隠れていそうです。外交官、政治家、心理カウンセラーなどは適職です。

[7月30日に生まれた方へ想いを届ける方法]

 非常に優れた才能を持つ方なので、多くのことを一人で着実に実現できてしまう人です...続きを読む



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.