誕生日が4月9日の人についての運命診断


この日に生誕した方を表現すると

安定感に固執せず冒険心を忘れずに

[人生全般について]
 一人で何でもこなせる万能タイプのあなたは、前人未到と言われる厳しい冒険へ積極的に挑戦する探検家の精神が宿っています。
 歴史に名を残すような偉人に憧れ、また自分も何か大きな事を成し遂げたいと思っている事でしょう。

 周囲からの注目を受けたい承認欲求と自己表現への欲求が強いため、人を驚かせたり、楽しませたりする事が大好きです。
 自分の利益の事よりも周囲の人々の笑顔の為なら多少の苦労や苦痛さえ厭わずに行動できるため、多くの人々に敬愛されているはずです。
 また、特に自らが愛する人のためならば、自らの命さえ捧げてしまうほど献身的とも言えます。しかしそうした行動の背景には「激しい愛情欠乏」が考えられます。承認欲求もつまるところ愛情不足から派生するものですので、何かを求め過ぎて自らが崩壊する前に「愛とは何か」という本当の意味を知る事が鍵となるため、あなたはなるべく早い段階で恋愛をし、様々な人と接して心を磨く事が必要でしょう。


 幼少期に受けた愛情が低いため、叱責をされる事よりも褒められる事で才能が伸びるタイプです。
 人生とは常に孤独な戦いだと実感しながら生きているため、小さな愛情のかけらも見逃しません。あなたは他人から受けた恩義をしっかりと覚えており、必ずそれに報いたいと感じているはずです。
 一度信じた友人や仲間には相応の忠誠心を持って尽くします。その姿は凛々しく輝いていますが、どこか儚なげで悲壮感も同時に漂います。


 冒険心が強いと言う事は、運命はこの逆の性格をあなたに天与しております。つまり「安定の虜」です。
 他の何よりも安定感を第一に求めてしまい、行動が保守的になる傾向があります。経済的安定が第一で、人間関係の安定は第二。しかし、そうした安定を求める行動は、あなたから創造性を奪い去ってゆく上、宿命なのでどれほど「物質的富」で身を固めて安定を手に入れたと感じても、またすぐに不安感がわき上がり、次から次へと物を満たそうとするでしょう。

 この「安定の虜」に対処する唯一の方法は、人生が有限であることを感じる事です。安定とは、つまるところ明日の命の保障を自分で感じてる事から来ています。もしあなたの寿命が今日までだとしたら、明日の食事内容を考える事は無いでしょう。漠然とした「明日もきっとある命」のために、今日を蔑(ないがしろ)にしないようにして下さい。


 あなたの周囲に集まる人の多くは、あなたの事を心が広く寛大で、慈悲深い人と思っているでしょう。しかし、その多くの部分は「見栄」と「過剰表現」によるところが多く、実際の実力はそれほどでもないと本人は自覚しています。しかし非常に強い「運」を持ち合わせているため、状況が全てあなたの味方になってくれるのです。そのためどれほど不利になっても、結論から見ると「あれでよかった」と思える事が過去にいくつもあります。

 経済的な不安定感を解消するために、物に執着する時期があります。しかし、あなたが本当に欲しいものは「物」ではなく、実態の無い「愛」や「感情」であるはずです。
 そのため一度手に入れた「物」ですが、元々関心が無いのでみるみる減少し、浪費してしまう事でしょう。そして気付けばいつの間にか手元から無くなっている事が多く、このサイクルから抜け出さないと、永遠に物に執着した人生で終わってしまうので注意しましょう。

 程よい経済力、ほどよい恋愛感、そして何より家族を持つことがあなたにとって最も重要な人生の課題です。

[第四の窓]
 優れた推察力で状況を判断できる力があります。それは状況だけにとどまらず、人の心を見抜く力にも影響し、対峙した人が何を考えており、何を欲しているのかを漠然と感じる事が出来ます。
 それを逆手にとって、相手を利用したり、手のひらで転がそうとする悪い癖もありますが、そうした行為は自分自身の心に深い傷を刻むことになります。

 元々人を癒す事で救われる性格のあなたは、何物にもとらわれず、ただ他者に貢献し愛情を提供することに専念すればよいのですが、心の状態が「物に執着する時期」になると愛情第一で考えることができなくなります。

 部屋の中を綺麗にすること、使わない物も大切にすること、不要な物は求めないことが重要なポイントになります。




[愛とつながり]
 頭がよく、相手が何を欲しているかを無意識に感じる事ができるため、同性異性問わず好意を寄せられるでしょう。
 無邪気で屈託が無く、笑顔がさわやかなのが特徴です。
 これには理由があり、自己愛に関係しています。自己への愛情強さと外へ向けられる笑顔には深い相関があります。つまりどのような表情をしたら相手が喜ぶかをよく理解しているとも言えます。

 自己表現をしたいと思う傾向が恋愛にも出てきてしまいます。
 つまりあなたが好きな人というよりは、周囲から見て魅力的な人と付き合いたいと思うのです。しかし、いざ本当に好きな人が現れた時にあなたは戸惑うでしょう。
 本当の自分の姿を表現する事がよい事なのか、または相手の望む人物像を演じる方がよいのかを迷い、想いが届かないばかりか、ぎくしゃくした不本意な対人関係になってしまうのです。


 愛する人のためには完璧でなくてはならないと思うあまり、無理をして本来の自分ではなくなってしまったり、身を捧げ過ぎて疲弊しきってしまったりすることが多く、そのたびに自己嫌悪してスタートに戻ってしまう恋愛ばかりというのがあなたの人生前半での恋愛傾向となります。

 しかしこうした経験もあなたに必要だから起きているのであって決して悲観する事はないでしょう。
 大切な事はそうした経験の中で何を得て、気付いたかという事実です。

 他者を外見や能力で判断すのはやめましょう、外見的容姿に惹かれやすいあなたですが、本当に相性の良い方を見極めるのは、もっと奥深くにある「魂の姿」です。

[仕事等への適性]
 抜群のプレゼンテーション能力を持っており、表現がドラマティックで美しいです。
 あふれる情熱は仕事を通じて発揮され、優れた結果として短期に現れるでしょう。

 経済的に困窮することは全くないのですが、多くを稼げば稼ぐほど、今度は喪失の恐怖が大きくなり、不安感が高まるというジレンマに陥ります。そのためあなたに向いている職業は物質的な物とは関係の無い「医療」「精神世界」「芸術」といった方面です。特に医療と精神世界については、あなたに天職となるかもしれません。

 晩成型の人が多く、50代60代と年齢が高くなるにつれ、経済的にも精神的にも成長します。

[4月9日に生まれた方へ想いを届ける方法]

 とても賢いこの方は、相手の態度や性格を観察し、どのような態度で接すれば好印象を...続きを読む



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.